降圧剤を止めるために大切な血圧が低めになったら

健康診断や人間ドックで血圧が高くなると病院に行くように指示が出されることになるでしょう。それによって高血圧と診断されると、食事療法や運動療法などが実施されていくことになります。そうしてしばらくは経過観察が続けられますが、それでも改善が見られないというときには降圧剤を用いて血圧を下げるという段階に入っていきます。長期間に渡って血圧が高い状態が続いてしまうと合併症のリスクが高まるからであり、降圧治療は基本的な治療方針となっています。よく言われるのが一度降圧治療を始めてしまうと、二度と降圧剤を止めることができないということです。しかし、現実的には可能であり、どれだけその患者が自分の生活習慣の改善を行って降圧を行っていくかに依存します。減塩食や野菜や青魚の摂取、適度な運動といった様々な形での治療を積極的に行っていくことによって治療薬を止めることができるようになる人も少なくありません。しかし、自分で勝手に降圧剤を飲むのを止めるのはリスクがあるということは理解しておくことが必要です。それによって合併症のリスクがあるだけでなく、急に降圧剤を止めることによってリバウンドのような症状が出てしまうことがあるからです。実際に降圧剤をやめるときには血圧が低めになってきたら少しずつ減量をしていって最終的に飲む必要がない状態にしていくという方法が採用されます。そのため、目標血圧よりも低めになったと感じたら医師に相談して減量するということを繰り返していくことによって最終的には降圧剤の使用を止めることができるようになると期待できます。それを目標にして食事と運動の両方の面から努力をしていくことが大切になるでしょう。