血圧の上昇に青魚のDHAとハーブの効果

血圧が高い状態が続いてしまうと血管に負担がかかってしまいます。特に負担が大きくなりがちな動脈では高い血液の圧力に耐えられるようにしようと身体が応答し、血管が肥厚していくことになりがちです。そうなってしまうと血管の弾力性が失われてしまい、硬くなっていくということが知られています。これが動脈硬化であり、高血圧から合併しやすい疾患として知られています。高血圧は自覚症状を伴いにくいと知られていますが、動脈硬化もそれ自体では自覚症状を伴うことはあまりありません。しかし、動脈硬化が起こってしまうと多様な合併症のリスクが著しく上昇するということが知られており、血管が裂けてしまったり、血栓ができて詰まってしまったりすることが多くなります。その結果として三大成人病としても以前から知られている脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす原因となることが知られているのです。そのため、血圧が高くなってしまった場合には動脈硬化予防をしていくことが大切であり、そのための食事療法を行っていくことが欠かせません。DHAやEPAはその最も効果が期待される必須脂肪酸であり、青魚に多く含まれていることが知られています。血液中の脂質のバランスを整えることができることで高い予防効果を示すことができるのがDHAやEPAの特徴です。一方、ハーブを利用した対策も知られています。ハーブはただ良い香りがするだけではなく、中には様々な身体に作用を示す成分が含まれています。その中には動脈硬化を予防したり、血圧を低下させたりすることができるものも含まれいることがよくあるため、ハーブティーを飲んだり、料理にハーブを利用していくことで血圧対策や動脈硬化予防を行っていくことができるのです。