年齢別血圧適正値

血圧における年齢別の適正値を自分に当てはめる事で、正常値をいつでもキープできるようにする事が大切です。また男女でも、適正値は異なってくるので、まずは自分の年齢や性別を踏まえた、適正値を確認する事が大切です。少しでも、枠内からはみ出てしまっている場合は、病院の診察を受けてみる事をお勧めします。正常値の割合は、年齢が高くなるほど、少なくなってくるので、高齢者の方ほど、血圧に気をつける必要があります。しかし、近年では、若い世代で高血圧と診断されるケースも少なくないので、自分の血圧値を毎日確認する事が大切になるでしょう。高血圧の場合は、自覚症状はほとんどないと言われており、健康診断や、人間ドックを受けていない場合は、高血圧に気づいていない場合も多いようです。気づいた時には、手遅れの場合もあるので、若い方も高齢者の方もしっかりと、自分の値を確認するようにしましょう。中には、病院で測ると、血圧が高くなっている方もいますが、これは白衣高血圧と呼ばれており、病院などで計測する際に、通常の値よりも、大きな値を示す場合があるようです。なので、自宅でしっかりと測れるようにする事は非常に大切な事になってくるでしょう。現在様々なメーカーから、計測器が販売されていますが、信頼できるメーカーを選んで、常備しておくようにしましょう。朝の値が、正しいと言われているので、朝起きたらすぐに測ると、自分の正しい値がわかるようになるでしょう。値が高くなる事は、別名サイレントキラーと呼ばれている事から分かるように、非常に危険な事なので、正常値になるように生活習慣を見直して、健康的な生活を心がけるようにしましょう。まずは、自分の値を調べてみましょう。

若い方必見!血圧管理アプリ

血圧の問題と言うと、若い方にとってはあまりピンとこない話題かもしれません。特に高血圧に関しては、昔は成人病として認識されていました。成人病は、働き盛りにある人が、年齢を重ねることによって発症するとされていた病気のことです。つまりこの病気に関しても、昔は年齢を重ねることがその一番の原因だと考えられていたわけです。しかし現在では、成人病は生活習慣病と言う名称に変わっています。生活習慣病とは文字通り、生活習慣の積み重ねによって発症すると言う病気のことです。この病気も生活習慣病に該当していますから、つまりその発症理由は、年齢を重ねることよりも個人の生活習慣の積み重ねによるところが大きいと言う認識に改められたと言うわけです。ですから若い人であっても、塩分の多い食生活や喫煙習慣、運動不足や睡眠不足などの生活習慣を続けている場合は、高血圧になる可能性が十分にあると言うことができます。高血圧はそれ自体も完治が難しい、とても厄介な病気です。そしてそれと共に、動脈硬化や糖尿病、腎症などの重篤な疾患を引き起こすリスクファクターとしても知られている病気であり、そうして側面から見ても非常に恐ろしい病気です。ただし高血圧は、初期症状がとてもわかりにくい病気です。そのため、症状が進行して合併症を引き起こす一歩手前になって、初めてそうであったと言うことに気がつくことも少なくありません。しかしこうなってからでは、治療が難しいこともあります。よって若い人であっても、日頃から血圧の数値に気を遣うことは、とても意味があることです。可能であれば、毎日、血圧を計る習慣を持つのが望ましいです。そして血圧管理アプリを利用して、その数値の変動をチェックし続ければ、僅かな変化も見逃すことなく、初期の段階で医療機関にかかることができます。

こんなときは血圧の異常を疑え!

めまいや頭がふらつく事が多くなったり、偏頭痛が多かったりといった症状があれば慢性的に血圧異常が起こっているかもしれません。小さなサインなので見逃しやすいめまいや頭痛、これらは低血圧や高血圧からくる症状の一つです。また運動も何もしていないのに心臓の鼓動が急に小太鼓を打つかのようにトトトトトンと早くなったりするのも要注意。心臓に負担がかかっている証拠です。まずは継続的に毎日の血圧を測り、記録することをオススメします。血圧異常が長期間に渡って続くと、身体のあちらこちらに支障が出てきます。気付きにくい心臓や肝臓と言った内臓疾患に繋がる事もありますので、まずは一通り検査してみるべきでしょう。数値が低すぎても高すぎても良くありませんし、昇圧剤や降圧剤といった内服薬で調整する事も考慮しなければなりません。また運動不足もよくありませんから、日々ほどよく運動する事によって数値の改善が見られる場合もあります。サプリメントの摂取も効果的です。普段から30分程度のウォーキングを取り入れてみるのも良いですね。特に肥満気味で高血圧になっている人はある程度のダイエットと運動で数値が目覚ましく下がる事もありますから、健康と運動は切り離せない物と言えるでしょう。日ごろから血圧測定と血液検査をよく受ける事が病気等の早期発見にも繋がりますから、比較的手軽に受けられるこれらの検査は年数回行うと良いでしょう。症状に心当たりがある方はなるべく早めに医師の診断を受け、その後の治療方法を伺いましょう。侮ってはいけない血圧、最初は見落としそうな小さなサインですが、放っておくと危ない症状です、意外と怖い落とし穴かもしれませんよ。

■心臓に選択的に作用する治療薬なので、他の器官への影響が少ない高血圧治療薬
メインテートの作用秩序
■心臓や腎臓への負担が緩和されていて、高血圧治療に加え心臓病や腎臓病にも有効な治療薬
コバシル